コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹村俊郎 たけむら としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹村俊郎 たけむら-としお

1896-1944 大正-昭和時代前期の詩人。
明治29年1月3日生まれ。萩原朔太郎(さくたろう),室生犀星(むろう-さいせい)らの「感情」にくわわり,大正8年「葦茂る」をだす。英仏に遊学後,「十三月」「鴉(からす)の歌」「旅人(りょじん)」などを刊行。この間の昭和14年郷里山形県にかえり,大倉村村長をつとめた。昭和19年8月17日死去。49歳。山形中学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹村俊郎の関連キーワード室生 とみ子感情(詩誌)室生とみ子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android