コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹村俊郎 たけむら としお

1件 の用語解説(竹村俊郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹村俊郎 たけむら-としお

1896-1944 大正-昭和時代前期の詩人。
明治29年1月3日生まれ。萩原朔太郎(さくたろう),室生犀星(むろう-さいせい)らの「感情」にくわわり,大正8年「葦茂る」をだす。英仏に遊学後,「十三月」「鴉(からす)の歌」「旅人(りょじん)」などを刊行。この間の昭和14年郷里山形県にかえり,大倉村村長をつとめた。昭和19年8月17日死去。49歳。山形中学卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹村俊郎の関連キーワード深刻小説もの派沖縄戦カリブ文学直木賞たけくらべヴィーダーウェルニヒ金弘集ゴーブル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone