竹村俊郎(読み)たけむら としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「竹村俊郎」の解説

竹村俊郎 たけむら-としお

1896-1944 大正-昭和時代前期の詩人
明治29年1月3日生まれ。萩原朔太郎(さくたろう),室生犀星(むろう-さいせい)らの「感情」にくわわり,大正8年「葦茂る」をだす。英仏に遊学後,「十三月」「鴉(からす)の」「旅人(りょじん)」などを刊行。この間の昭和14年郷里山形県にかえり,大倉村村長をつとめた。昭和19年8月17日死去。49歳。山形中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android