竹玉(読み)タカダマ

デジタル大辞泉の解説

たか‐だま【竹玉】

細い竹を管玉(くだたま)のように輪切りにして、ひもで継ぎ合わせたもの。神事に用いる。一説に、竹につけた玉という。
「我(あ)が独り子の草枕旅にし行けば―をしじに貫(ぬ)き垂(た)れ」〈・一七九〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たかだま【竹玉】

竹を輪切りにし、緒に貫いたもの。古代の神事に用いた。 「枕辺に斎瓮いわいへをすゑ-を間なく貫き垂れ/万葉集 420

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の竹玉の言及

【タケ(竹)】より

… 竹が呪具=祭器に用いられた例証は《万葉集》にもみえている。巻三の〈大伴坂上郎女,神を祭る歌〉に〈ひさかたの天の原より 生(あ)れ来る神の命(みこと) 奥山の賢木(さかき)の枝に 白香(しらか)つけ木綿(ゆう)とりつけて 斎瓮(いわいべ)を斎ひほりすゑ 竹玉(たかだま)を繁(しじ)に貫(ぬ)き垂り 鹿猪(しし)じもの膝折り伏せて 手弱女(たわやめ)の襲衣(おすい)取り懸け かくだにもわれは祈(こ)ひなむ 君に逢はじかも〉とある。ここに歌われている〈竹玉〉は,竹を短く切ってひもで貫いたもの,もしくは,玉籠の類であったろうが,いずれにしても,そこに神霊が宿ると信じられた。…

※「竹玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android