コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹野荘 たかののしょう

1件 の用語解説(竹野荘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たかののしょう【竹野荘】

筑後国竹野郡(現,福岡県浮羽郡田主丸町)にあった荘園。1026年(万寿3)本荘からの出作加納により宇佐八幡宮領守部荘が成立した。その後の開発により竹野新荘が成立したため,旧来の竹野荘は竹野本荘と呼ばれた。新荘は東郷,西郷,河北郷,山本郷の4郷から成り,鳥羽院領であったが,鎌倉末に伏見天皇によって西大寺四王院へ施入された。筑後の在国司草野氏が当荘最大の在地領主で,河北郷惣公文職,押領使職等を帯していたが,北条氏が惣地頭職を有していたため,北条氏滅亡後,建武政府はこれを西大寺に安堵し,さらに足利尊氏がこれを保障した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竹野荘の関連キーワードうきは筑後紅乙女若竹屋草野又六竹下周直田代重栄山下助左衛門瀬戸の松若の寿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone