コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹野荘 たかののしょう

世界大百科事典 第2版の解説

たかののしょう【竹野荘】

筑後国竹野郡(現,福岡県浮羽郡田主丸町)にあった荘園。1026年(万寿3)本荘からの出作加納により宇佐八幡宮領守部荘が成立した。その後の開発により竹野新荘が成立したため,旧来の竹野荘は竹野本荘と呼ばれた。新荘は東郷,西郷,河北郷,山本郷の4郷から成り,鳥羽院領であったが,鎌倉末に伏見天皇によって西大寺四王院へ施入された。筑後の在国司草野氏が当荘最大の在地領主で,河北郷惣公文職,押領使職等を帯していたが,北条氏が惣地頭職を有していたため,北条氏滅亡後,建武政府はこれを西大寺に安堵し,さらに足利尊氏がこれを保障した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

竹野荘の関連キーワード筑後国

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android