コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西郷 さいごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西郷
さいごう

島根県隠岐諸島,島後東部の地域。旧町名。 1904年町制。 1954年東郷,中条,磯の3村と合体。 1960年中村を編入。 2004年 10月に布施五箇都万の3村と合併し,隠岐の島町となる。隠岐の中心地。中心集落の西郷は西郷湾に流入する八尾川と宇尾川の三角州上に立地。古くは隠岐の国府,国分寺が置かれた政治の中心地であった。江戸時代には西回り航路の風待ち港,避難港として,明治以降は沖合い漁業基地として発展。西郷湾では真珠,ハマチの養殖が行なわれる。後醍醐天皇の配流の地として知られ,隠岐国分寺跡 (境内は史跡) ,玉若酢命神社などがあり,同神社の八百スギ,高尾暖地性濶葉樹林,沖島のオオミズナギドリ繁殖地は天然記念物。また,名勝・天然記念物の白島海岸,海苔田ノ鼻があり一帯は大山隠岐国立公園に属する。隠岐国分寺蓮華会舞重要無形民俗文化財。本土と隠岐を結ぶ定期船の起点で,空港もある。

西郷
さいごう

宮崎県中北部,美郷町中部の旧村域。耳川中流域にある。 2006年南郷村,北郷村と合体して美郷町となる。江戸時代は延岡藩に属した。九州山地の南東側の斜面に位置し,大部分を山林が占め,農林業が主。耳川に九州電力の山須原発電所,西郷発電所,大内原発電所があり,県下有数の電力供給地帯。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいごう【西郷】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西郷の関連情報