東郷(読み)とうごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東郷
とうごう

鳥取県中部,倉吉平野東部にある地域。旧町名。 1953年東郷松崎町と舎人村,花見村が合体して成立。 2004年 10月に羽合町,村と合併し湯梨浜町となった。北部にある東郷池周辺の丘陵地には北山古墳 (史跡) などの古墳群,伯耆一宮の倭文神社があり,境内の経塚 (史跡) から出土した銅経筒,銅鏡などの国宝所蔵。南部には羽衣石城跡がある。県内屈指の二十世紀梨の産地。景勝地の東郷池南岸には東郷温泉があり,一帯三朝東郷湖県立自然公園に属する。東郷池南岸を JR山陰本線が通る。

東郷
とうごう

鹿児島県北西部,薩摩川内市北部の旧町域。川内川中流域にある。 1952年町制。 1957年下東郷村の一部を編入。 2004年川内市,樋脇町,入来町,祁答院町,村,上甑村,下甑村,鹿島村と合体して薩摩川内市となった。農業が中心で,おもな産物は米と明治初期に栽培が始まったミカン。近年は畜産も盛ん。北西部の藤川天神の境内にある臥竜梅は国の天然記念物。

東郷
とうごう

宮崎県北東部,日向市西部の旧町域。耳川の中流域にある。 1969年町制。 2006年日向市に編入。江戸時代は延岡藩領で一部は天領四囲を山に囲まれ,ほとんどが山林原野。耳川流域のわずかな農地でおもに野菜の促成栽培が行なわれる。シイタケ,クリ,ミカンを特産坪谷若山牧水の生地で,生家と記念館がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とうごう トウガウ【東郷】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

とうごう【東郷】

岡山の日本酒。酒名は、創業年に東郷平八郎率いる連合艦隊ロシアバルチック艦隊に勝利したことを記念し命名。「吟醸原酒」、普通酒「上撰」などがある。原料米は日本晴。仕込み水は吉野川水系の伏流水蔵元の「東郷酒造」は明治38年(1905)創業。所在地は美作市巨勢。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android