万寿(読み)バンジュ

  • まんじゅ
  • 万寿 まんじゅ

日本の元号がわかる事典の解説

日本の元号(年号)。平安時代の1024年から1028年まで、後一条(ごいちじょう)天皇の代の元号。前元号は治安(じあん)。次元号は長元(ちょうげん)。1024年(治安4)7月13日改元。1024年は辛酉革命(しんゆうかくめい)の年から4年目にあたる甲子(かっし)の年。甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、康保(こうほう)(964~968年)の改元にならい、革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『毛詩(もうし)』(『詩経(しきょう)』)を出典とする命名。万寿年間は、藤原道長(みちなが)の子藤原頼通(よりみち)が関白として摂関政治を行った。後一条天皇の生母は道長の娘の彰子(しょうし)(一条天皇の中宮)であり、天皇自身も道長の娘の威子(いし)を中宮とした。1027年(万寿4)、藤原氏の全盛期を築いた藤原道長が62歳で死去した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 寿命の限りなく長いこと。また、寿命の長久を祝っていう語。まんじゅ。
※経国集(827)二〇・栗原年足対策文「来百璧於助祭、受万寿与繁祉」 〔詩経‐小雅・南山有台〕
[1] 〘名〙 寿命の限りなく長いこと。また、寿命の長久を祝っていう語。ばんじゅ。
[2] 平安時代、後一条天皇の代の年号。治安四年(一〇二四)七月一三日に改元、万寿五年(一〇二八)七月二五日に至って次の長元となる。出典は「詩経‐小雅」の「楽只君子、邦家之光、楽只君子、万寿無疆」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万寿の関連情報