コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竺源超西 じくげん ちょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竺源超西 じくげん-ちょうさい

?-? 南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)総持寺峨山韶碩(がさん-じょうせき)(1275-1366)の法をつぐ。のち能登に梅香院をひらいた。俗姓は大島。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

竺源超西の関連キーワード南北朝時代曹洞

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android