コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峨山韶碩 がさんじょうせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

峨山韶碩
がさんじょうせき

[生]? 能登
[没]正平20=貞治4(1365)
鎌倉時代から室町時代曹洞宗の僧。比叡山で出家し加賀に帰って紹瑾のもとで修行し,その法を継いで総持寺において多くの弟子を養成した。弟子のなかで五哲といわれた太源宗真通幻寂霊,無端祖環,大徹宗令実峰良秀が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

峨山韶碩 がさん-じょうせき

1275-1366 鎌倉-南北朝時代の僧。
建治(けんじ)元年生まれ。曹洞(そうとう)宗。比叡(ひえい)山で天台をまなぶ。永仁(えいにん)5年(1297)瑩山紹瑾(けいざん-じょうきん)にであい禅宗に転じた。のち加賀(石川県)大乗寺瑩山のもとで印可をうけた。総持寺2世となり,太源,通幻,大徹,実峰などの弟子をそだてた。貞治(じょうじ)5=正平(しょうへい)21年10月20日死去。92歳。能登(のと)(石川県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

峨山韶碩

没年:貞治5/正平21.10.20(1366.11.23)
生年:建治2(1276)
鎌倉中期から南北朝期の曹洞宗の禅僧。能登(石川県)総持寺を中心として曹洞宗教団を発展に導いた人。能登の生まれ。16歳で比叡山で出家し天台の教学を学ぶ。永仁5(1297)年,京都で初めて瑩山紹瑾を訪ねて問答し,2年後再び参じて弟子となる。徳治1(1306)年,32歳で大悟する。正中1(1324)年,総持寺2世となる。のち,永光寺に転住した。「峨山の二十五哲」と称される太源宗真,通幻寂霊ら優れた弟子を輩出して教団の主流を形成する。道元が排した禅の五位思想を展開した。伝記に『峨山和尚行状』があり,著書に『山雲海月』がある。<参考文献>田島柏堂『峨山韶碩禅師』

(竹内弘道)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がさんじょうせき【峨山韶碩】

1275‐1365(建治1‐正平20∥貞治4)
鎌倉末・南北朝期の曹洞宗の僧。総持寺の2世として知られる。没年は一説に1366年。諡号(しごう)は大現宗猷国師。能登(石川県)羽咋郡瓜生田に生まれ,11歳で郡の教寺に入った。16歳のときに比叡山に登って髪を落とし,天台宗の学問を習ったが,のち加賀(石川県)大乗寺の瑩山紹瑾(けいざんじようきん)に参じ,曹洞禅宗に転じた。1321年(元亨1)秋,瑩山の弟子となり,24年(正中1)瑩山の開いた総持寺の2世となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

峨山韶碩の関連キーワード峨山韶碩(がさんしょうせき)総持寺(横浜市)総持寺祖院南北朝時代無外円照太山如元瑞巌韶麟月泉良印源翁心昭玄翁心昭道叟道愛無底良韶月庵良円鎌倉時代竺源超西善宝寺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

峨山韶碩の関連情報