コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠井孫左衛門 かさい まござえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠井孫左衛門 かさい-まござえもん

?-? 江戸時代後期の治水家。
郷里の信濃(しなの)(長野県)埴科(はにしな)郡森村などの水不足を解消するため,千曲川から水をひく灌漑(かんがい)を計画。藩主の許可をえて同志をつのり,文政元年(1818)あたらしい堰(せき)を完成させて数十haをうるおした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

笠井孫左衛門の関連キーワード郷里

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android