笠井孫左衛門(読み)かさい まござえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠井孫左衛門 かさい-まござえもん

?-? 江戸時代後期の治水家。
郷里の信濃(しなの)(長野県)埴科(はにしな)郡森村などの水不足を解消するため,千曲川から水をひく灌漑(かんがい)を計画。藩主の許可をえて同志をつのり,文政元年(1818)あたらしい堰(せき)を完成させて数十haをうるおした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android