コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠置季男 かさぎ すえお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠置季男 かさぎ-すえお

1901-1967 昭和時代の彫刻家。
明治34年1月7日生まれ。藤川勇造に師事し,昭和2年二科展で「首」が初入選。のち「裸女立像」で樗牛(ちょぎゅう)賞,「腰かけた裸婦」で二科賞を受賞。11年から二科会会員として彫刻部の中心となった。34年多摩美大教授。昭和42年9月28日死去。66歳。兵庫県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品はほかに「花の精」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

笠置季男の関連キーワード昭和時代彫刻家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠置季男の関連情報