コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤川勇造 ふじかわゆうぞう

7件 の用語解説(藤川勇造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤川勇造
ふじかわゆうぞう

[生]1883.10.31. 高松
[没]1935.6.15. 東京
彫刻家。 1908年に東京美術学校彫刻科卒業後,フランスへ留学。 09年アカデミージュリアンに入学し,10年頃ロダンの助手となる。 16年帰国,19年より二科会の彫刻部で指導的役割を果す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじかわ‐ゆうぞう〔ふぢかはユウザウ〕【藤川勇造】

[1883~1935]彫刻家。香川の生まれ。フランスに留学し、ロダン晩年の助手を務めた。帰国後、二科会彫刻部創設に参加。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤川勇造【ふじかわゆうぞう】

彫刻家。高松市の漆工の家に生まれる。1908年東京美術学校を卒業して渡仏,ロダンに師事し,助手となる。1916年帰国,二科会の彫刻部を主宰した。静的で清新な自然主義的作風で知られる。
→関連項目堀内正和

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤川勇造 ふじかわ-ゆうぞう

1883-1935 大正-昭和時代前期の彫刻家。
明治16年10月31日生まれ。妻は藤川栄子農商務省留学生としてパリのアカデミー-ジュリアンでまなび,ロダンの助手をつとめる。大正8年二科会彫塑部開設で会員となり,菊池一雄らをそだてた。昭和10年6月15日死去。53歳。香川県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。代表作に「シュザンヌ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじかわゆうぞう【藤川勇造】

1883‐1935(明治16‐昭和10)
彫刻家。香川県高松市で漆工業を営む家に生まれる。1898年高松工芸学校漆工科に入学,翌年木彫科に転じた。1908年東京美術学校卒業後,農商務省海外練習生としてフランスに渡り,アカデミー・ジュリアンのジャンポールローランスの教室に学んだ。12年ころロダンに認められて晩年の助手をつとめ,16年病気のため帰国した。19年二科会に彫刻部を創設するに当たり会員として迎えられ,29年二科会の番衆技塾を開設し,多くのすぐれた後進を育成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじかわゆうぞう【藤川勇造】

1883~1935) 彫刻家。香川県生まれ。東京美術学校卒。渡仏し、ロダン晩年の助手となる。帰国後、二科会彫刻部の創設に参加し新風を示した。代表作に「ブロンド」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤川勇造
ふじかわゆうぞう
(1883―1935)

彫刻家。香川県生まれ。高松工芸学校を経て、1908年(明治41)東京美術学校彫刻科本科卒業、農商務省海外留学生として渡仏し、アカデミー・ジュリアンでジャン・ポール・ローランスにデッサンを学んだ。のちロダンに認められて晩年の助手をつとめた。病のため16年(大正5)帰国し、19年の二科会彫刻部創設に際し会員として迎えられ、29年(昭和4)番衆技塾を開設し、多くの後進を指導した。35年帝国美術院会員に任命され二科会を辞したが、まもなく没した。ロダンの作風とは対照的に堅実で静謐(せいひつ)な表現による温和な魅力ある作風を示し、代表作に『シュザンヌ』『ブロンド』『裸』などがある。妻の藤川栄子(1901―83)も画家として知られる。[三木多聞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤川勇造の関連キーワード香川県高松市朝日町香川県高松市庵治町香川県高松市瓦町香川県高松市紺屋町香川県高松市高松町香川県高松市田町香川県高松市玉藻町香川県高松市本町香川県高松市室町香川県高松市女木町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤川勇造の関連情報