コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤川勇造 ふじかわゆうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤川勇造
ふじかわゆうぞう

[生]1883.10.31. 高松
[没]1935.6.15. 東京
彫刻家。 1908年に東京美術学校彫刻科卒業後,フランスへ留学。 09年アカデミー・ジュリアンに入学し,10年頃ロダンの助手となる。 16年帰国,19年より二科会の彫刻部で指導的役割を果す。 29年二科技塾を設立して菊池一雄堀内正和後進を育成。 35年帝国美術院会員に推され二科会を去り同年急死。主要作品『シュザンヌ』 (1909,東京国立博物館) ,『ブロンド』 (13,東京国立近代美術館) ,『兎』 (16,同) ,『マドモアゼルS』 (23) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじかわ‐ゆうぞう〔ふぢかはユウザウ〕【藤川勇造】

[1883~1935]彫刻家香川の生まれ。フランスに留学し、ロダン晩年の助手を務めた。帰国後、二科会彫刻部創設に参加。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

藤川勇造【ふじかわゆうぞう】

彫刻家。高松市の漆工の家に生まれる。1908年東京美術学校を卒業して渡仏,ロダンに師事し,助手となる。1916年帰国,二科会の彫刻部を主宰した。静的で清新な自然主義的作風で知られる。
→関連項目堀内正和

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤川勇造 ふじかわ-ゆうぞう

1883-1935 大正-昭和時代前期の彫刻家。
明治16年10月31日生まれ。妻は藤川栄子。農商務省留学生としてパリのアカデミー-ジュリアンでまなび,ロダンの助手をつとめる。大正8年二科会彫塑部開設で会員となり,菊池一雄らをそだてた。昭和10年6月15日死去。53歳。香川県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。代表作に「シュザンヌ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじかわゆうぞう【藤川勇造】

1883‐1935(明治16‐昭和10)
彫刻家。香川県高松市で漆工業を営む家に生まれる。1898年高松工芸学校漆工科に入学,翌年木彫科に転じた。1908年東京美術学校卒業後,農商務省海外練習生としてフランスに渡り,アカデミー・ジュリアンのジャン・ポール・ローランスの教室に学んだ。12年ころロダンに認められて晩年の助手をつとめ,16年病気のため帰国した。19年二科会に彫刻部を創設するに当たり会員として迎えられ,29年二科会の番衆技塾を開設し,多くのすぐれた後進を育成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじかわゆうぞう【藤川勇造】

1883~1935) 彫刻家。香川県生まれ。東京美術学校卒。渡仏し、ロダン晩年の助手となる。帰国後、二科会彫刻部の創設に参加し新風を示した。代表作に「ブロンド」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤川勇造
ふじかわゆうぞう
(1883―1935)

彫刻家。香川県生まれ。高松工芸学校を経て、1908年(明治41)東京美術学校彫刻科本科卒業、農商務省海外留学生として渡仏し、アカデミー・ジュリアンでジャン・ポール・ローランスにデッサンを学んだ。のちロダンに認められて晩年の助手をつとめた。病のため16年(大正5)帰国し、19年の二科会彫刻部創設に際し会員として迎えられ、29年(昭和4)番衆技塾を開設し、多くの後進を指導した。35年帝国美術院会員に任命され二科会を辞したが、まもなく没した。ロダンの作風とは対照的に堅実で静謐(せいひつ)な表現による温和な魅力ある作風を示し、代表作に『シュザンヌ』『ブロンド』『裸』などがある。妻の藤川栄子(1901―83)も画家として知られる。[三木多聞]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤川勇造の関連キーワード早川 巍一郎笠置 季男渡辺 義知堀内 正和テラコッタ早川巍一郎三木多聞渡辺義知大川逞一面屋庄三笠置季男一水会新風

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android