第一種デメリット料率

保険基礎用語集「第一種デメリット料率」の解説

第一種デメリット料率

自動車保険において、所有、使用自動車の総付保台数が10台比上の保険契約者(フリート契約者)で、損害率の高い者について通用する割増料率です。通常は、料率審査日の6ヶ月前1ヶ年の損害率をアーンド、ベイシスにより算出し、その損害率を第一種デメリット料率表に当てはめて毎年の適用割増率を決定します。この割増率は当該契約者の付保するすべての車両に一律に適用されます。割増率は、最低5%から5%刻みで最高200%までとなっています。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

デジタル大辞泉「第一種デメリット料率」の解説

だいいっしゅデメリット‐りょうりつ〔‐レウリツ〕【第一種デメリット料率】

自動車保険において、所有・使用自動車が10台以上のフリート契約者で、損害率の高い契約者について適用する保険料の割増料率。フリート契約を結んでいる全車両に適用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android