第二種電気通信事業者(読み)だいにしゅでんきつうしんじぎょうしゃ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

第二種電気通信事業者

第一種電気通信事業者以外の電気通信事業者のこと。回線や交換機などの電気通信設備を自ら持たず、第一種電気通信事業者の設備を借りて事業を行う。なお、64kbps換算で2000回線を超える不特定多数のユーザーにサービスを提供する事業者を特別第二種電気通信事業者といい、これ以外のものを一般第二種電気通信事業者という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android