コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第4次全国総合開発計画 だいよじぜんこくそうごうかいはつけいかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第4次全国総合開発計画
だいよじぜんこくそうごうかいはつけいかく

四全総と略称される。 1986年度から 2000年度までの 15年間を対象期間とする全国的な開発計画。国際化,東京一極集中といった現状を踏まえ,特定地域への商工業,政府機関の過度の集中を是正するとともに,各地域間の相互交流を重視する多極分散型国土を形成することを基本目標としている。そして,全国一日交通網の構築,地域自身の活力を基礎とした地域整備などがうたわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

第4次全国総合開発計画の関連キーワード地方拠点都市・地域の整備及び産業業務施設の再配置の促進に関する法律多極分散型国土形成促進法マリノベーション構想高規格幹線道路網首都機能移転国土総合開発四全総総点検Jターン現象圏央道四全総

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第4次全国総合開発計画の関連情報