第5世代移動通信方式(読み)だいごせだいいどうつうしんほうしき

知恵蔵の解説

第5世代移動通信方式

スマートフォンなどで利用される無線移動体通信技術であり、2017年1月現在主流である第4世代移動通信(4G)の後継となる次世代の無線通信方式。5G(5th Generation)と略されることもある。日本では20年に開催される東京オリンピックに合わせ、商用化を目指している。
無線移動体通信技術は、アナログ方式の1G(第1世代)、デジタル方式の2G(第2世代)を経て、最大通信速度が最大110Mbps(メガビット/秒)の3G(第3世代)、そして最大1Gbps(ギガビット/秒)の4G(第4世代)へと、高速かつ大容量のデータ通信が進んできた。第5世代移動通信方式(以降5G)では、10Gbps以上の超高速通信と、2010年のトラフィック量の約1000倍の大容量化を目標にしており、更に、通信回線の状態が良く、遅れが少ないことを意味する「低遅延(低レイテンシー)」を基本的性能の一つとしている。
このような5Gの条件が整えば、無線通信で提供されるブロードバンドサービス「MBB(Mobile Broad Band)」が拡張され、例えば、4Kに代表される精細なストリーミング動画や、クラウドのデータと連動した「AR(拡張現実)」のような新しいインターフェースサービスなどが、安定供給できるようになる。また、安全かつ確実性が求められる自動運転のようなサービスも安心して提供できるようになる。
更に近年は、建物、電化製品、自動車、医療機器といった、あらゆる物がインターネットに接続される「IoT(モノのインターネット)」の推進も重要なテーマになっているが、IoTでは、大量のデバイスやデータが、通信回線を使用するため、IoTの普及には、5Gの導入が必要不可欠であるといわれている。

(横田一輝 ICTディレクター/2017年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android