コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等価交換 トウカコウカン

デジタル大辞泉の解説

とうか‐こうかん〔‐カウクワン〕【等価交換】

[名](スル)価格や価値の等しい物どうしを交換すること。「土地と建物を等価交換する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうかこうかん【等価交換】

等しい価値を有するものを相互に交換すること。特に、地主が土地を、開発者が建設資金を出資し、完成後の土地と建物を出資比率に応じて取得する開発方式をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

等価交換の関連キーワード自治体による公用地の取得同一価値労働同一賃金鎌倉市の土地交換問題社会主義的原始蓄積リカード派社会主義ミティゲーション鎌倉市の土地交換ポイントサイトイスラム商人鋼の錬金術師国際価値論Gポイント藤和不動産労働価値説下流志向資本蓄積目的法学産業資本小作争議ヘーゲル

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

等価交換の関連情報