コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等星(読み)トウセイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐せい【等星】

星の明るさをいう呼称。以前は六つの等級に分けて、肉眼で見える最も明るい星を一等星、最も暗い星を六等星とよんだ。現在は、一等星は六等星の約100倍の光量をもつことから、五等級の差が光の強さで100倍になるように、光量が2.512倍増すごとに等級数を1減らす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうせい【等星】

明るさによる星の呼称。等級数を頭に付けて用いる。1等級の明るさの星を一等星という。一等星は二等星の約2.512倍、二等星は三等星の約2.512倍、…五等星は六等星の約2.512倍明るい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

等星の関連情報