等星(読み)トウセイ

デジタル大辞泉の解説

星の明るさをいう呼称。以前は六つの等級に分けて、肉眼で見える最も明るい一等星、最も暗い星を六等星とよんだ。現在は、一等星は六等星の約100倍の光量をもつことから、五等級のが光の強さで100倍になるように、光量が2.512倍増すごとに等級数を1減らす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

明るさによる星の呼称。等級数を頭に付けて用いる。1等級の明るさの星を一等星という。一等星は二等星の約2.512倍、二等星は三等星の約2.512倍、…五等星は六等星の約2.512倍明るい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 星の明るさを表わす単位。以前は肉眼で見える最も明るい星を一等星、ようやく見える程度の星を六等星としたが、一等星の平均光度が六等星の一〇〇倍であることが見出され、この規準により等級範囲が拡張されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

等星の関連情報