コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等星 トウセイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐せい【等星】

星の明るさをいう呼称。以前は六つの等級に分けて、肉眼で見える最も明るい星を一等星、最も暗い星を六等星とよんだ。現在は、一等星は六等星の約100倍の光量をもつことから、五等級の差が光の強さで100倍になるように、光量が2.512倍増すごとに等級数を1減らす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうせい【等星】

明るさによる星の呼称。等級数を頭に付けて用いる。1等級の明るさの星を一等星という。一等星は二等星の約2.512倍、二等星は三等星の約2.512倍、…五等星は六等星の約2.512倍明るい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

等星の関連キーワードポルックス(天文)うみへび(海蛇)座フォーマルハウトいるか(海豚)座ベラトリックスアークトゥルスからす(烏)座等級(天文)アルキュオネアルデバランオリオン座プロキオンアルゲニブ相撲取り星さんかく座アンタレスアケルナルアルタイルレグルス南十字星

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

等星の関連情報