光量(読み)コウリョウ

化学辞典 第2版「光量」の解説

光量
コウリョウ
quantity of light

時間内に通過する束.光束のSI誘導単位がルーメン

lm = cd sr
なので光量の単位は lm s となる.ちなみに,照度のSI誘導単位はルクス

lx = cd sr m-2
である.[別用語参照]カンデラ

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「光量」の解説

こう‐りょう クヮウリャウ【光量】

〘名〙
① 光の量。〔実用印刷技術(1957)〕
② ある時間内に入射した光流に関する積分。〔化学通論(1924)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android