規準(読み)きじゅん

精選版 日本国語大辞典「規準」の解説

き‐じゅん【規準】

〘名〙 (「規」はコンパス、「準」は水準器) 手本となる標準。従うべき規則。基準。〔広益熟字典(1874)〕
※新体詩抄(1882)序〈矢田部良吉〉「稍規準となす可きものを心中に生じ、之に依て判別するのみ」 〔陳章文‐水輸賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「規準」の解説

き‐じゅん【規準】

思考・行為などの際、のっとるべきよりどころ。規範となる標準。「判断の規準

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android