規準(読み)きじゅん

精選版 日本国語大辞典「規準」の解説

き‐じゅん【規準】

〘名〙 (「」はコンパス、「準」は水準器) 手本となる標準。従うべき規則。基準。〔広益熟字典(1874)〕
※新体詩抄(1882)序〈矢田部良吉〉「稍規準となす可きものを心中に生じ、之に依て判別するのみ」 〔陳章文‐水輸賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「規準」の解説

【規準】きじゆん

ぶんまわしと水準器。宋濂〔無旨禅師授公碑銘〕(くま)に、りて筍の如し。石を(たく)してを鐫(ゑ)り、の規準と爲す。

字通「規」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android