コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等自由体積状態の仮説 iso-free volume hypothesis

1件 の用語解説(等自由体積状態の仮説の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

等自由体積状態の仮説【iso-free volume hypothesis】

一定温度・圧力下で,分子自身がもつ単位質量当たりの体積から,その分子の占有している体積を差し引いた残りを「自由体積」という.フローリーフォックスは,分子量の異なるポリスチレンガラス転移点付近の体積と粘度測定の結果から,ガラス転移点においては,凍結した自由体積が一定であると考えるべきで,等粘性状態仮説*は成立しないとして,この仮説を提案した.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

等自由体積状態の仮説の関連キーワード気体温度計凝固点蒸気圧転移点定温吸着熱クヌーセンの公式フォックス‐フローリーモデルラングミュアの吸着等温式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone