コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等自由体積状態の仮説 iso-free volume hypothesis

法則の辞典の解説

等自由体積状態の仮説【iso-free volume hypothesis】

一定温度・圧力下で,分子自身がもつ単位質量当たりの体積から,その分子の占有している体積を差し引いた残りを「自由体積」という.フローリーフォックスは,分子量の異なるポリスチレンガラス転移点付近の体積と粘度測定の結果から,ガラス転移点においては,凍結した自由体積が一定であると考えるべきで,等粘性状態仮説*は成立しないとして,この仮説を提案した.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

等自由体積状態の仮説の関連キーワードフォックス‐フローリーモデル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android