筋肉エネルギー代謝のしくみ(読み)きんにくえねるぎーたいしゃのしくみ

家庭医学館の解説

 筋肉は、からだの運動を行なう器官なので大量のエネルギーを消費します。このエネルギー源はATP(アデノシン三リン酸)という物質です。
 このATPは、大まかにいって2つの機構によってつくりだされています。
 1つは、細胞の中にあるミトコンドリア内での酸化的リン酸化酸素を使ってエネルギーを発生させる機構)で、もう1つは、細胞の液体成分にある嫌気性解糖系(けんきせいかいとうけい)(酵素(こうそ)を使ってエネルギーを発生させる機構)です。
 瞬発力を必要とする運動のときには解糖系で、長時間の運動のときには酸化的リン酸化でつくられたATPがそれぞれ利用されます。
 この代謝の異常でおこる病気は、ミトコンドリア筋症と糖原病がおもなものです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android