コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解糖系 カイトウケイ

デジタル大辞泉の解説

かいとう‐けい〔カイタウ‐〕【解糖系】

生物の体内にある糖の代謝経路。グルコースピルビン酸乳酸などに分解し、細胞のエネルギー源となるATPを産生する多段階の化学反応で、細胞質で進行する。
[補説]酸素がある好気的条件下では、解糖系で生成されたピルビン酸はミトコンドリアに運ばれクエン酸回路に入る。酸素がない嫌気的条件下では、ピルビン酸が乳酸にまで分解される。嫌気的解糖によって生成された乳酸は肝臓へ送られ、グルコースに変換される。激しい運動によって嫌気的解糖が亢進し、筋肉中に乳酸が過剰に蓄積すると、pHが低下し、疲労やこりを引き起こす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

解糖系

 →解糖

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

解糖系の関連キーワードホプキンズ(Sir Frederick Gowland Hopkins)筋肉エネルギー代謝のしくみホスホエノールピルビン酸糖原病(グリコーゲン病)アセチルコエンザイムAエネルギー代謝阻害剤乳酸デヒドロゲナーゼクエン酸(枸櫞酸)フォスフォリラーゼアデニル酸キナーゼ先天性溶血性貧血パスツール効果グリセリン発酵乳酸脱水素酵素マイヤーホーフオキサロ酢酸フルクトースアロステリーヘキソサミンフッ化物中毒

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android