コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解糖系 カイトウケイ

デジタル大辞泉の解説

かいとう‐けい〔カイタウ‐〕【解糖系】

生物の体内にある糖の代謝経路。グルコースピルビン酸乳酸などに分解し、細胞のエネルギー源となるATPを産生する多段階の化学反応で、細胞質で進行する。
[補説]酸素がある好気的条件下では、解糖系で生成されたピルビン酸はミトコンドリアに運ばれクエン酸回路に入る。酸素がない嫌気的条件下では、ピルビン酸が乳酸にまで分解される。嫌気的解糖によって生成された乳酸は肝臓へ送られ、グルコースに変換される。激しい運動によって嫌気的解糖が亢進し、筋肉中に乳酸が過剰に蓄積すると、pHが低下し、疲労やこりを引き起こす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

解糖系

 →解糖

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

解糖系の関連キーワードホプキンズ(Sir Frederick Gowland Hopkins)筋肉エネルギー代謝のしくみ糖原病(グリコーゲン病)ホスホエノールピルビン酸アセチルコエンザイムAエネルギー代謝阻害剤乳酸デヒドロゲナーゼクエン酸(枸櫞酸)フォスフォリラーゼアデニル酸キナーゼ先天性溶血性貧血グリセリン発酵パスツール効果乳酸脱水素酵素マイヤーホーフワールブルクフッ化物中毒アロステリーオキサロ酢酸ヘキソサミン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android