コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫箙 ツクシエビラ

2件 の用語解説(筑紫箙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つくし‐えびら【×筑紫×箙】

木材を曲げたり、水牛の角(つの)などで作った軽便な。主に北九州で用いられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の筑紫箙の言及

【箙】より

…箭は五五二十五,四五二十,四四十六隻数を重ね列にして四角形に,そのうち尖(とが)り箭2隻,鏑(かぶら)矢2隻を差す。箙は材質・形状・用途により,逆頰箙(さかづらえびら),革箙,葛箙,竹箙,柳箙,塗箙,指箙,筑紫箙,狩箙などに分けられる。逆頰箙は方立,蔓などを熊毛(くまげ)をさかさに上向きにして包む。…

※「筑紫箙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone