コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えびら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


えびら

矢を入れて背中に負う盛り矢具の一種。平安時代以降武家が用いた。同時代の公家儀仗用の平胡 籙 (ひらやなぐい。→胡 籙〈ころく〉) の変化したもの。仕立てにより葛 (つづら) 箙,柳箙,竹箙,逆頬箙 (さかづらえびら。いのししの毛皮で包んだ箙) などの種類がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えびら【×箙】

矢を入れる武具。矢を差す方立(ほうだて)とよぶ箱と、矢をよせかける端手(はたて)とよぶ枠からなる。この左右の端手に緒をつけて腰につける。
1に差す矢の数が24本であることから》連句形式で、二十四節気にかたどったもの。24句で一巻をなす。二十四節
[補説]曲名別項。→

えびら【箙】[謡曲]

謡曲。二番目物世阿弥作。「箙の梅」の故事に基づく。生田川を通った旅僧に、梶原景季(かじわらかげすえ)の霊が修羅道の苦しみのさまを見せる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

箙【えびら】

武具の一種で,を入れて腰に背負う箱形の収納具。飛鳥・奈良時代に用いられた中国伝来の胡【ろく】(ころく)の形式が,武士の興隆とともに実戦に適するように,堅固で簡便なものに改良されてできた。
→関連項目矢立

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えびら【箙】

武具の一種で箭(や)を盛る調度。携帯用容器の種類としては,上代に用いられた靫(ゆぎ),胡籙(ころく)(胡禄),中世の胡籙(やなぐい),箙,空穂(うつぼ)などがある。箙は,〈やなぐい〉と同じように,飛鳥・奈良時代にもっぱら用いられた隋・唐伝来の〈ころく〉の形式を受け,武士が戦いに用いたものである。形が蚕簿(さんはく∥えびら)ににているので,この名があるといわれる。古くは〈ころく〉とも,〈やなぐい〉ともよまれ,区別はされなかったようである(《三代実録》貞観16年(874)9月14日の条)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えびら【箙】

矢を入れて右腰につける武具。
能の一。二番目物。「箙の梅」の故事に取材したもの。
連句の形式の一。箙にさす矢の数にちなみ、一巻二四句からなるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


えびら

狩場や戦場で腰に負う矢入れ具の一種。形はのように前板、脇板(わきいた)、背板よりなる方立(ほうだて)とよぶ箱に矢の根を固定する矢配板(やくばりいた)を置き、背板に鉄または籐(とう)製の端手(はたで)をつけ着帯用に緒をつけたものである。箙は靭(ゆぎ)から発展したものとされ、平安時代中期ごろから盛んに用いられた。なお、同時代の矢入れ具である胡(やなぐい)と同じものであったらしいことが当時の資料にみえ、また矢を盛った状態のものを胡、矢入れ具そのものを箙と称した場合もあったが、鎌倉時代以後、箙は武人用、胡は公家(くげ)の儀式用と区別するようになった。箙の種類には熊(くま)や、猪(いのしし)の皮を張った逆頬箙(さかづらえびら)を正式とし、そのほかに柳箙、竹箙、角(つの)箙、塗箙、葛(くず)箙、革箙などがある。[入江康平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

箙の関連キーワード桜田治助(2世)逆頬箙・逆頰箙守屋 与四己中差・中挿胡簶・胡籙指箙・差箙矢立ての硯大村 良二逆頬・逆頰梶原景季上差の矢上矢の鏑品川萩矢並み筑紫箙修羅物矢母衣調度懸逆頰箙矢立て

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箙の関連情報