コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

策励 サクレイ

デジタル大辞泉の解説

さく‐れい【策励】

[名](スル)《むち打ちはげます意から》大いにはげますこと。また、大いにはげむこと。
「慈悲心に住していたいと―して」〈露伴・連環記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくれい【策励】

( 名 ) スル
大いにはげますこと。また、大いにはげむこと。 「己に内面からの衝動、本能の-のあつたのは已すでに久しい事である/青年 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

策励の関連キーワード選択本願念仏集独立宣言書慈悲心講式

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android