(読み)サク

デジタル大辞泉の解説

さく【策】

はかりごとや計画。また、事をうまく運ぶための手段・方法。「を練る」「を授ける」
むち。つえ。「を執る」

さく【策】[漢字項目]

[音]サク(漢) [訓]むち
学習漢字]6年
文字を書き付けた竹のふだ。特に、天子が下す文書。「策命
はかりごと。計画。計画を立てる。「策士策定策略画策奇策失策術策政策得策方策無策善後策
むち。つえ。「警策(きょうさく・けいさく)散策
[名のり]かず・つか・もり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さく【策】

計略。はかりごと。 「 -を練る」 「 -をめぐらす」
物事や事件に対して行う処置・手段。 「こうなっては-の施しようがない」 「 -を講ずる」
永字八法えいじはつぽうの第五筆の横画。 → 永字八法
[句項目] 策を弄する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さく【策】

〘名〙
① はかりごと。計略。策略。また、あることを解決するための工夫。
※万葉(8C後)一八・四一二八右詞文「心中含咲独座稍開、表裏不同相違何異、推量所由率爾作策歟。明知加言豈有他意乎」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉五「人を乗せる策を教授する方が、世の為にも当人の為にもなるだらう」 〔礼記‐仲尼燕居〕
② 古代、中国で、文字を記した竹札。簡札。転じて、文書。かきつけ。また、特に授官の辞令書。冊(さく)
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)爰盎鼂錯第一九「こちの題を評するやうに、題をかいて一ものに入て、どれでまりをっとって、其事を策に対てかくぞ」 〔荘子‐駢拇〕
③ (古代、天子が政治について下問するとき、竹ふだに書いたところから) 政治上の問題。また、それに対する答え。転じて、令制における官吏登用試験の問題文(策問)、およびこれに対する解答文(対策)。ともに漢文で書かれた。策文。
※令義解(718)考課「凡進士。試時務策二条。〈略〉其策文詞順序。義理慥当。并帖過者為通」 〔漢書‐匡衡伝〕
④ むち。杖。〔春秋左伝‐文公一三年〕
⑤ 占いに用いる具。めどき。筮竹(ぜいちく)
史記抄(1477)一八「左手の策をば左の大刻にをき、右手の策をば右の大刻に置ぞ」 〔戦国策‐秦策・昭襄王〕

さく‐・す【策】

〘他サ変〙 ⇒さくする(策)

さく‐・する【策】

〘他サ変〙 さく・す 〘他サ変〙 はかりごとなどを頭の中であれこれと考える。はかりごとをする。
※史記抄(1477)一四「秦策於是出と云は、秦の晉を策する事歟」

しゃく【策】

〘名〙 (「しゃく」は「策」の呉音) 官吏登用試験などで、問題を示し、またこれに答えるために用いられた漢文体の文章。さく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【算木】より

…(2)中国の計算器。算木は日本に伝わってからの呼称で,中国では算,籌(ちゆう),策などと呼ぶ。10cm前後の細い角棒で,これを図のように組み合わせて任意の数字をあらわした。…

※「策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

策の関連情報