コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箒神 ホウキガミ

デジタル大辞泉の解説

ほうき‐がみ〔はうき‐〕【×箒神】

箒に宿る神。安産守り神とされ、産婦の腹をでなでたり、足許に箒を逆さに立てたりする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうきがみ【箒神】

産神うぶがみのこと。出産の際に、安産を願って妊婦の枕元に箒を逆さに立てておいたり、箒で腹をなでたりすることがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の箒神の言及

【箒】より

…対馬の和多都美(わたつみ)神社では,箒を奉納して安産を祈願する風習もあった。また箒神は産神とされ,阿蘇地方ではお産のときに真っ先に来るのは箒神だといい,岩手県では箒神,山の神,厠(かわや)神の3神が来ないと出産できないという。古箒の結び目を解かずに捨てると難産するともいわれる。…

※「箒神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

箒神の関連キーワード産神枕元

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android