コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箒虫 ホウキムシ

デジタル大辞泉の解説

ほうき‐むし〔はうき‐〕【×箒虫】

ホウキムシ綱ホウキムシ科の触手動物。海岸の砂中にすみ、体長約10センチ。体は細長い円筒状で前端触手があり、形が箒を思わせる。ムラサキハナギンチャクの管の中にも共生する。ホウキムシ綱には海底の岩上に付着するヒメホウキムシなども含まれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうきむし【箒虫】

ホウキムシ綱の海産触手動物の総称。体は細長い円柱状で、前端に多数の触手が開く。口は触手冠の中に、肛門は外側に開く。雌雄同体で、雄性先熟。日本では、体長約9センチメートルのホウキムシと体長約4センチメートルのヒメホウキムシの二種が知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

箒虫 (ホウキムシ)

学名:Phoronis australis
動物。海産小動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

箒虫の関連キーワードホウキムシ(箒虫)ホウキムシ雌雄同体

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android