コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管槍/管鑓 クダヤリ

3件 の用語解説(管槍/管鑓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くだ‐やり【管×槍/管×鑓】

繰り出しを円滑にするために管に柄を通した槍。左手で管を持ち、右手で柄を持って突く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くだやり【管槍】

槍の一種。柄を金属製の管に通し、左手で管を握り右手で柄を繰り出して突く。手で柄を持つ普通の槍よりも素早く突ける。江戸時代に流行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管槍
くだやり

戦国末期、奥州の人伊東紀伊守祐忠(いとうきいのかみすけただ)により案出されたと伝え、江戸時代に盛んに行われた槍の一種。素槍(すやり)の柄に一握りほど(約10センチメートル)の緩い管を通し、その管を左手(向う手)で握り、右手(尻手(しって))に柄をとって突き引きしながら相手を攻撃する。走りのよさ、当たりの鋭さから、早槍(くだやり)とも書かれた。管は握りやすい立鼓(りゅうご)形で、鉄・銅・真鍮(しんちゅう)など金属あるいは練革(ねりがわ)でつくられ、こぶしを防護する円鐔(まるつば)をつけるものが現れた。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の管槍/管鑓の言及

【槍術】より

…戦国時代以降,急速に上級武士の間に用いられるようになり,槍の種類も多くなった。素槍(すやり)のほかに,片鎌槍,十文字槍など多くの種類をもつ鎌槍,鍵槍,管槍(くだやり)などが加わり,これが槍の四つの基本形式といえる。槍の普及とともに槍術も大いに進歩し,安土桃山時代ころから流派も続出した。…

※「管槍/管鑓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

管槍/管鑓の関連キーワード繰り出し歩みレールが敷かれる繰出し交通整理梃子前緊急交通路関節円板バランスタンク通気管鑞接剤 (brazing flux)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone