コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管槍/管鑓 クダヤリ

デジタル大辞泉の解説

くだ‐やり【管×槍/管×鑓】

繰り出しを円滑にするためにを通した左手で管を持ち、右手で柄を持って突く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くだやり【管槍】

槍の一種。柄を金属製の管に通し、左手で管を握り右手で柄を繰り出して突く。手で柄を持つ普通の槍よりも素早く突ける。江戸時代に流行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管槍
くだやり

戦国末期、奥州の人伊東紀伊守祐忠(いとうきいのかみすけただ)により案出されたと伝え、江戸時代に盛んに行われた槍の一種。素槍(すやり)の柄に一握りほど(約10センチメートル)の緩い管を通し、その管を左手(向う手)で握り、右手(尻手(しって))に柄をとって突き引きしながら相手を攻撃する。走りのよさ、当たりの鋭さから、早槍(くだやり)とも書かれた。管は握りやすい立鼓(りゅうご)形で、鉄・銅・真鍮(しんちゅう)など金属あるいは練革(ねりがわ)でつくられ、こぶしを防護する円鐔(まるつば)をつけるものが現れた。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の管槍/管鑓の言及

【槍術】より

…戦国時代以降,急速に上級武士の間に用いられるようになり,槍の種類も多くなった。素槍(すやり)のほかに,片鎌槍,十文字槍など多くの種類をもつ鎌槍,鍵槍,管槍(くだやり)などが加わり,これが槍の四つの基本形式といえる。槍の普及とともに槍術も大いに進歩し,安土桃山時代ころから流派も続出した。…

※「管槍/管鑓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

管槍/管鑓の関連キーワード虎尾孫兵衛LD転炉法水島言之江戸時代松本一指石野伝一宝蔵院流自得記流伊東佐忠津田信之一指流離相流貫流一種流行槍術

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android