コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管状杏仁孔 かんじょうきょうにんこう pipe amygdales, pipe amygdules

1件 の用語解説(管状杏仁孔の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

管状杏仁孔

パイプまたは管状の形の杏仁(amygdale)で,時に管状または長釘状杏仁と呼ばれ,熔岩流の底に見いだされる.この管は普通は熔岩流の底面に直角あるいは傾いている.これらは上方に向って集まりY字を逆にしたような形となる.管状杏仁の原因は,湿地の上を熔岩が流れた際に,揮発性成分が液体の熔岩を通って上昇するために生じたと考えられている[Cohent : 1875, Toit : 1907, Fuller : 1939].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

管状杏仁孔の関連キーワードヒートパイプ杏仁油ぱいぱいパイプ海胆薄荷パイプマドロスパイプ水パイプコーンパイプパイプ石杏仁状組織

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone