箱入(読み)はこいり

精選版 日本国語大辞典「箱入」の解説

はこ‐いり【箱入】

〘名〙
① 箱に入れてあること。また、そのもの。
※浮世草子・西鶴織留(1694)一「毎年さだまって遺言状をしたため、箱入(ハコいり)にして封印付け」
② 特に、貨幣を所定の箱に詰めること。また、その貨幣。
※浮世草子・西鶴織留(1694)二「此丁銀箱入(ハコいり)にして請取」
③ 大事な品を箱に入れて保存するように、大切にすること。また、そのものやその人。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)鄙「木辻鳴川に大事にかける箱入の大臣」
④ その人のもつのうちで一番得意なもの。十八番。おはこ
※浮世草子・当世銀持気質(1770)一「箱入(ハコいり)の芸に山崎与次兵衛の奴(やっこ)浅尾為十郎が身ぶり物真似で」
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)三「お鯛茶屋の箱入。もささせず賞翫しおる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android