篠山篤興(読み)ささやま とくおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠山篤興 ささやま-とくおき

1813-1891 江戸後期-明治時代の装剣金工。
文化10年11月17日生まれ。川原林秀興にまなび,京都で開業。文久2年将軍徳川家茂(いえもち)の刀の金具を,翌年孝明天皇の短刀の金具を彫刻した。維新後は京都府勧業場御用係などをつとめた。明治24年12月10日死去。79歳。通称は政一郎。号は一行斎,仙斎,松花亭など。姓は笹山ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android