コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠山篤興 ささやま とくおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠山篤興 ささやま-とくおき

1813-1891 江戸後期-明治時代の装剣金工。
文化10年11月17日生まれ。川原林秀興にまなび,京都で開業。文久2年将軍徳川家茂(いえもち)の刀の金具を,翌年孝明天皇の短刀の金具を彫刻した。維新後は京都府勧業場御用係などをつとめた。明治24年12月10日死去。79歳。通称は政一郎。号は一行斎,仙斎,松花亭など。姓は笹山ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

篠山篤興の関連キーワード大月光興明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android