コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油/脂/膏 アブラ

6件 の用語解説(油/脂/膏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あぶら【油/脂/×膏】

水に溶けず、水よりも軽い可燃性物質の総称。動物性・植物性・鉱物性があり、食用・灯火用・燃料用・化学工業の原料など用途が広い。
㋐動物の肉についている脂肪分。脂身(あぶらみ)。「―の多い切り身」
㋑皮膚から分泌する脂肪。「汗と―の結晶」
㋒植物の種子などからとれる液体。菜種油ごま油など。「―で揚げる」
原油を精製したもの。重油軽油灯油など。
㋔髪油。ポマードチック類もいう。「―でなでつける」
活力のみなもと。特に酒をさすことが多い。「疲れたから―を補給しよう」
《火に油を注ぐとよく燃えるところから》おせじ。へつらい。うれしがらせ。
「えらい―言ひなます」〈滑・膝栗毛・八〉
[補説]一般に、常温で液体のもの(主に植物・鉱物性)を「油」、固体のもの(主に動物性)または皮膚から分泌されるものを「脂」、肉のあぶらを「膏」と書き分ける。
[下接語]揚げ油荏(え)の油牡蠣(かき)油固(かた)油樺(かば)の油蝦蟇(がま)の膏(あぶら)髪油榧(かや)の油機械油木の実油桐(きり)油胡桃(くるみ)油黒油芥子(けし)油漉(こ)し油胡麻(ごま)油米油差し油白油梳(す)き油種油椿(つばき)油灯(とぼし)油菜種(なたね)油匂(にお)い油鯡(にしん)油糠(ぬか)油鼻脂(はなあぶら)鬢(びん)付け油松脂(まつやに)油豆油水油密陀(みつだ)の油綿油

ゆ【油】[漢字項目]

[音](呉) ユウ(イウ)(漢) [訓]あぶら
学習漢字]3年
〈ユ〉液状のあぶら。「油圧油煙油脂油田肝油給油原油香油重油醤油(しょうゆ)製油石油桐油(とうゆ)灯油廃油潤滑油
〈ユウ〉雲などが盛んにわき上がるさま。「油然
〈あぶら〉「油絵油紙種油水油
[難読]豆油(ご)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

油【あぶら】

疎水性の液状物質の一般的名称。石油などの鉱油,および大豆油・鯨油などの動植物油がある。鉱油と動植物油は,たとえ外観は類似していても化学成分は全く異なり,前者は各種炭化水素の混合物,後者は各種脂肪酸グリセリンエステルである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

 脂,油脂とほぼ同じ意味に使われる.⇒

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あぶら【油】

疎水性の液状物質を一般に油という。その代表的なものに動植物性油鉱物性油とがある。前者は長鎖脂肪酸のグリセリンエステルすなわちトリグリセリド主成分とし,後者は炭化水素が主成分であるというように,その化学的組成はまったく異なる。動植物性油については油脂という名称も用いられるが,この場合,常温で液体のものを油oil,固体のものを脂fatと区別する。油脂は生物組織の構成成分として,またエネルギー源として,タンパク質炭水化物とともに重要な成分である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


あぶら

室温で液体、可燃性、水に難溶性のものを一般に油という。動植物油、鉱油、精油に大別される。

油の種類

(1)動植物油 室温で液体のものを脂肪油、固体のものを脂肪あるいは脂(あぶら)という。動植物油は一般に高級飽和あるいは不飽和脂肪酸のトリグリセリドからなる。植物油は不飽和脂肪酸を多く含むが、動物脂は飽和脂肪酸を多く含む。植物油はコレステリンを含まないが、動物脂はコレステリンを含有している。脂肪などの油100グラムが吸収するヨウ素のグラム数であるヨウ素価の大小により乾性油(130以上)、半乾性油(100~130)、不乾性油(100以下)の別がある。大豆油、菜種(なたね)油などは食用油に、あまに油などは塗料に用いる。動植物油を加水分解すれば脂肪酸とグリセリンを得、水素添加すれば硬化油を得る。硬化油はマーガリン、せっけんなどに使用される。
(2)鉱油 石油およびガソリン、ナフサ、灯油、軽油、重油などの石油留分、シェールオイル(頁岩(けつがん)油)などがある。石油の主成分は炭化水素で、少量の硫黄(いおう)、窒素、酸素を含む。石油は燃料および有機化学製品をつくる石油化学工業原料として用いられる。自動車用語として油をオイルというときには、エンジンオイル、ブレーキオイルなど潤滑油を意味することが多い。
(3)精油 植物の花、葉、幹などから得られる揮発性の油で、植物性香料である。これら芳香油はテルペン類炭化水素などからなる。原料から芳香油を脂肪あるいは油で浸出したものはただちに香油として香粧料に用いうる。[福住一雄]

油の呪術・宗教的意味

呪術(じゅじゅつ)・宗教的な脈絡において、動物の脂肪や植物油は超自然的な力の媒体とみなされた。霊力や呪力を獲得するために人間や動物の血や肉を飲食する風習は世界各地に分布するが、同様に動物の脂肪や植物油を身体その他に塗布する習俗も各地に広くみられる。塗布により、脂肪や油に内在する霊力や呪力は被塗布者(物)に伝達されると信じられているのである。[佐々木宏幹]
超自然力の獲得と油
アンダマン島民は子供を強健に育てるために、豚の脂肪を溶かして身体に注いだ。オーストラリア先住民は他人を殺して、腎臓(じんぞう)の脂肪を身体に塗布した。死者の力が自分に伝達されると信じたからである。また彼らは武器を強化するために、敵の脂肪を塗布した。ナミビア(南西アフリカ)のダマラスでは、威力をもつとされる動物の脂肪を蓄え、いろいろな目的で使用した。インドでは、子供の脂肪に含まれる超自然力を得るため、子供を殺すことがあった。[佐々木宏幹]
聖別と油
油を塗り、注ぐことが、対象である人物や事物の聖化を意味するような事例は少なくない。古代ギリシアでは託宣師(シャーマン)に相談に赴こうとする者は、その身体に塗油した。インドのシャーマンは神がかりする前に香油を身体に塗る。彼に憑依(ひょうい)する神に魅力的と思われるためである。ベーダ時代のバラモンは、宗教儀礼を行うに際して、沐浴(もくよく)し植物油を身体に塗布するのが常だった。インドの新郎新婦は結婚式に臨むに際し、身体に油とウコンの粉を塗布する。死に際しても、身体に塗油される。メキシコや中央アメリカの原住民の祭司が儀礼を行うときには、頭頂から足先に至るまで膏(こう)を塗布した。
 王や祭司はその地位につくにあたり塗油、注油されることが多い。古代エジプトの王(ファラオ)は叙任式のときに注油された。アステカの王は戴冠(たいかん)式の前に寺院に行き、神に忠誠を誓ったのち、高僧により身体中に塗油された。塗油式ののち、彼は初めて王の衣服を身にまとうことができた。イエス・キリストの「キリスト」は、ヘブライ語のマーシーアハmsha(メシア)のギリシア語訳語クリーストスkhr- stsに由来し、「油注がれし者」の意であることは、よく知られている。『旧約聖書』には、ヤコブが石の柱を立てて油を注ぎ、これを神の家にしようとした(「創世記」28章18~19)ことや、聖なる油を人物や住家、祭壇、家具、容器などに注ぎ、聖別した(「出エジプト記」30章30、30章21~29)ことが記されている。[佐々木宏幹]
禁忌と油
禁忌(タブー)の解除が塗油によって表現される例は多い。この場合、塗油は、禁忌された状態や地位から通常の地位、状態へと移行することを保証する意味をもつ。北アメリカやアフリカの原住民において、服喪者は、服喪期間が終了するときに、身体に塗油する。アフリカでは産婦が出産直後に塗油される。また、病気が治ったとき、女性の月経が終わったとき、少年の成人式のときなどに塗油が行われる。オーストラリアやアンダマン島では、少年が課せられた食物禁忌の期間が終了するとき、顔と身体に脂肪が塗布された。
 なお、油が媒介する超自然的力に関する観念は、とくに各地にみられる呪力=マナmanaに対する信仰や観念との関係において検討されることが必要である。[佐々木宏幹]

民俗

日本では古くから植物性油が食用、灯火用に供された。食用としてはエゴマ、アケビ、カヤ、ツバキなどの油が古く、ついでゴマ、アブラナ、ダイズの油が好まれ、揚げ菓子や揚げ物料理に広く利用された。灯火用としては松根、肥え松からイヌガヤ、エゴマ、アブラナの油を経て石油へと、灯火具の発展とともに変遷した。動物性の油も魚油、獣油が江戸時代には灯油に用いられた。石油を灯火に初めて使ったのは越後(えちご)村上の黒川村(現新潟県胎内(たいない)市)で、鎌倉時代にさかのぼるといわれる。室町時代には油商人の油座が成立し、やがて都会には油売りの行商人が現れ、行灯(あんどん)用の油を売り歩いた。しかし地方では、関東、東北の各地で旧暦11月15日を「油搾(し)め」「油祝い」とよび、油けのあるものを食べて油の収穫を祝ったように、最近まで荏油(えのあぶら)、ごま油、菜種油などは自家製であった。エゴマの荏のついた地名も珍しくない。
 西洋でも、諸種の油が古代から食用、灯火用に供され、また民間医療、民間信仰にも用いられた。たとえば、口中の腫(は)れ物にオリーブの葉をかみ、その汁を血止めに利用した。腫れ物、吹き出物に油を塗るのは、油が清浄力をもつと考えられたからである。その清浄力によって悪霊を退散させるべく、催し事のある家の戸口に月桂樹の花輪を下げ、結婚式や葬式にオリーブの枝、花輪を用いる風習もあった。花嫁の家の入口に油を塗るまじないは現在も伝えられている。同じ目的から聖石、聖樹、神像への塗油がおこり、その民間信仰はキリスト教の聖油儀礼を形成するに至ったといわれる。[竹田 旦]
『J・フレイザー著、永橋卓介訳『金枝篇』全5巻(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の油/脂/膏の言及

【脂肪油】より

…油脂のうち,融点が低く,常温で液状のものを脂肪油といい,固体のものを脂肪とよんで区別している。脂肪油は単に油ともよばれるが,石油系鉱物油,テルペン系芳香油などとは当然区別される。…

【ナタネ(菜種)】より

…日本で,種子からナタネ油をとるために栽培され,ナタネと総称されるものには,アブラナ科の,植物学的に異なった2種の作物がある。その一つアブラナBrassica campestris L.(英名Chinese colza。…

【油脂】より

…脂肪油fatty oilと脂肪fatの総称で,化学的には1個のグリセリンと3個の脂肪酸が結合したエステル(トリグリセリド)の混合物である。アルカリによりケン化されてセッケンとグリセリンになる。…

※「油/脂/膏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

油/脂/膏の関連キーワードSS可燃性可燃物氷は水より出でて水よりも寒し水溶スルファニルアミド血は水よりも濃い還元建て支燃性がん原性物質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone