篠野春泉(読み)ささの しゅんせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠野春泉 ささの-しゅんせん

1798-1864 江戸時代後期の狂歌師。
寛政10年生まれ。代々備前岡山藩家老池田家につかえる。医を本業とし,狂歌,狂詩をよくした。ながい鬚(ひげ)をたくわえ,関白一条家から鬚袋をおくられた。元治(げんじ)元年3月23日死去。67歳。号は昼夜言耳元鐘近(ちゅうやごんみみもとの-かねちか),腮鬚長(あごの-ひげなが)など。通称は別に一方(いっぽう),元鳳など。狂歌集に「鐘近百首」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android