コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米加自由貿易協定 べいかじゆうぼうえききょうていUnited States-Canada Free Trade Agreement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米加自由貿易協定
べいかじゆうぼうえききょうてい
United States-Canada Free Trade Agreement

アメリカ,カナダ間の貿易,投資の自由化および紛争処理手続きに関する協定。産業競争力の強化,雇用と所得の増進を目的に 1988年1月に調印され,89年1月に発効した。 10年以内に両国の関税を撤廃し,サービス・金融・投資については内国待遇とし,紛争処理は2国間のパネルで行うこととするというのが主な内容である。協定成立の背景として,アメリカには日本やヨーロッパ連合 EU対策,自由貿易擁護者としての対外的なイメージの強化など,カナダには保護主義化するアメリカ市場へのアクセスの確保の意味があった。 94年1月,メキシコを加えて3国間で発効した北米自由貿易協定 NAFTAに吸収された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

米加自由貿易協定の関連キーワードバイラテラリズム米州活性化構想米州自由貿易圏オートパクトマルルーニー

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android