コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米印原子力協力 べいいんげんしりょくきょうりょく

1件 の用語解説(米印原子力協力の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

米印原子力協力

2006年3月、インドを訪問した米国のブッシュ大統領とインドのマンモハン・シン首相との間で結ばれた合意事項。インドは軍事用と民生用の核施設を分離し、民生用に限って国際原子力機関(IAEA)の査察を受け入れる。その代わりに、米国はインドに原子力発電の技術や燃料を供給する。これによって米国はインドの核保有を事実上、認めた形になった。05年7月にシン首相が訪米した際、基本合意していた。経済発展めざましいインドは、今後増加するエネルギー需要に備える意味もある。しかし、インドは核兵器の拡散を防ぐ核不拡散条約(NPT)には未加盟のままであり、米国による「インドの特別扱い」に批判も出ている。イラン北朝鮮の核保有への思惑を刺激する、との見方もある。米国は対印協力を進めるのに国内法改正の必要があり、議会で論争が続いたが、06年6月に上下院の委員会で改正法案が可決した。米国は、NPT未加盟国への核技術輸出を禁じる国際組織原子力供給国グループ(NSG)」にも理解を求めている。

(竹内幸史 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米印原子力協力の関連キーワード再訪問意向フォークランド紛争御邪魔今日は今晩は弔問物申地域訪問ビジットインドと中国

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米印原子力協力の関連情報