コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米印原子力協力 べいいんげんしりょくきょうりょく

知恵蔵の解説

米印原子力協力

2006年3月、インドを訪問した米国のブッシュ大統領とインドのマンモハン・シン首相との間で結ばれた合意事項。インドは軍事用と民生用の核施設を分離し、民生用に限って国際原子力機関(IAEA)の査察を受け入れる。その代わりに、米国はインドに原子力発電の技術や燃料を供給する。これによって米国はインドの核保有を事実上、認めた形になった。05年7月にシン首相が訪米した際、基本合意していた。経済発展めざましいインドは、今後増加するエネルギー需要に備える意味もある。しかし、インドは核兵器の拡散を防ぐ核不拡散条約(NPT)には未加盟のままであり、米国による「インドの特別扱い」に批判も出ている。イランや北朝鮮の核保有への思惑を刺激する、との見方もある。米国は対印協力を進めるのに国内法改正の必要があり、議会で論争が続いたが、06年6月に上下院の委員会で改正法案が可決した。米国は、NPT未加盟国への核技術輸出を禁じる国際組織「原子力供給国グループ(NSG)」にも理解を求めている。

(竹内幸史 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

米印原子力協力の関連キーワード[各個指定]芸能部門ヘレン ミレン意匠テキサス大学アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧

米印原子力協力の関連情報