コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米津政敏 よねきつ まさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米津政敏 よねきつ-まさとし

1851-1895 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)4年3月29日生まれ。米津政明(まさあき)の子。慶応元年出羽(でわ)長瀞(ながとろ)藩(山形県)藩主米津家5代となる。明治2年上総(かずさ)(千葉県)大網(おおあみ)へ,4年常陸(ひたち)(茨城県)竜ケ崎藩庁をうつした。のち子爵,貴族院議員。明治28年10月30日死去。45歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

米津政敏の関連キーワード日清戦争史(年表)深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)閔妃暗殺事件閔妃観念小説リュミエール兄弟

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android