粗面完晶質(読み)そめんかんしょうしつ(英語表記)trachytoid texture

岩石学辞典の解説

粗面完晶質

顕晶質の岩石で柱状または短柱状の長石が平行または准平行に配列し,肉眼でも観察できるもの[Holmes : 1921].アルカリ閃長岩あるいはネフェリン閃長岩などによく見られる.この組織は長石結晶には普通に用いられるが,ヨハンセンは長石以外の他の様々な鉱物の方向配列にも同様に用いられると述べている[Johannsen : 1931, MacKenzie, et al. : 1982].中粒または粗粒の岩石で,短冊状の長石または伸長した結晶が平行に配列したもの[Bowes : 1989].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android