粘土鉄岩(読み)ねんどてつがん(英語表記)clay ironstone

岩石学辞典の解説

粘土鉄岩

一般に粘土質の菱鉄鉱質堆積物または団塊状の塊で,炭質物層,普通は上部にある石炭の薄層の中に産出するものに応用される.この語は様々な粘土質岩石で,赤鉄鉱や褐鉄鉱などの酸化鉄を含むもの,または粘土質岩石の中に産する菱鉄鉱のseptarian団塊の記述に用いられてきた[Phillips : 1816, Pettijohn : 1975].septariumは亀の甲のように表面に多角形の裂け目のある亀甲石で,通常炭酸カルシウムまたは粘土質炭酸第一鉄からなる団塊をいう[ランダムハウス : 1994].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android