コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘土鉄岩(読み)ねんどてつがん(英語表記)clay ironstone

岩石学辞典の解説

粘土鉄岩

一般に粘土質の菱鉄鉱質堆積物または団塊状の塊で,炭質物層,普通は上部にある石炭の薄層の中に産出するものに応用される.この語は様々な粘土質岩石で,赤鉄鉱や褐鉄鉱などの酸化鉄を含むもの,または粘土質岩石の中に産する菱鉄鉱のseptarian団塊の記述に用いられてきた[Phillips : 1816, Pettijohn : 1975].septariumは亀の甲のように表面に多角形の裂け目のある亀甲石で,通常炭酸カルシウムまたは粘土質炭酸第一鉄からなる団塊をいう[ランダムハウス : 1994].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android