コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟田馬養 あわたの うまかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟田馬養 あわたの-うまかい

?-? 奈良時代の官吏,通訳。
天平(てんぴょう)2年(730)聖武(しょうむ)天皇の朝廷より命じられ,播磨乙安,文元真らとともに,おのおの弟子ふたりに漢語をおしえる。治部少輔(じぶのしょう),筑前守,備中守を歴任従五位上。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

粟田馬養

生年:生没年不詳
奈良時代官人,通訳。神亀3(726)年従五位下,天平18(746)年従五位上と昇進。同15年治部少輔,18年筑前守,19年備中守に任じられる。漢語に通じていたので,天平2年通訳養成のために弟子をとって漢語を教えることを命じられた。

(今泉隆雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

粟田馬養の関連キーワード藤原縄主生年官吏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android