精神修養(読み)せいしんしゅうよう

精選版 日本国語大辞典「精神修養」の解説

せいしん‐しゅうよう ‥シウヤウ【精神修養】

〘名〙
① 精神を練磨し品性をやしなって人格を高めること。
② 乱れようとする精神をしずめ正常な精神状態を保たせるために、精神を集中させ、精神をきたえること。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「一夜作りの精神修養が、あくる日になると拭ふが如く奇麗に消え去って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「精神修養」の解説

せいしん‐しゅうよう〔‐シウヤウ〕【精神修養】

精神を鍛錬して、高い人格や強い意志が備わるように努力すること。「精神修養に励む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android