コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精神社会的小人症 せいしんしゃかいてきしょうじんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

精神社会的小人症
せいしんしゃかいてきしょうじんしょう

保護者,特に母親との精神的関係が著しく悪く,この状態がある期間続くと成長が滞り小人症になることがある。しばしば成長ホルモン分泌の低下が見られる。しかし精神的改善により成長は促進できる。家庭から離して入院させると成長ホルモンの反応も回復し,身長の促進が認められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精神社会的小人症の関連キーワード保護者

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android