コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小人症 コビトショウ

デジタル大辞泉の解説

こびと‐しょう〔‐シヤウ〕【小人症】

身体の発育が損なわれ、異常に小さい状態。成長ホルモンなどの分泌不足が原因となることが多い。侏儒(しゅじゅ)症。

しょうじん‐しょう〔セウジンシヤウ〕【小人症】

こびとしょう(小人症)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こびとしょう【小人症】

〘医〙 身長の異常に小さい状態をいう。侏儒しゆじゆ症。

しょうじんしょう【小人症】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小人症
こびとしょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小人症の言及

【小人】より

…零落した水神の姿としては,民間に伝えられる河童,鼻たれ小僧,座敷童子(わらし)などがある。巨人道化【野村 敬子】
[小人症dwarfism]
 医学的には身体,とくに身長が異常に小さい場合を小人症という。1938年,ギュンターH.Günterは身長130cm以下を真性小人症としたが,現在では一般に,平均身長よりも標準偏差にして3以上小さい場合をいう。…

※「小人症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小人症の関連キーワード成長ホルモン分泌不全性低身長症ヒト成長ホルモン剤バイオジェネリック精神社会的小人症ヒト成長ホルモン甲状腺性小人症母性喪失症候群下垂体性小人症軟骨発育不全症ターナー症候群クレチン病グレリン遺伝病侏儒症小人身長

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小人症の関連情報