コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糊代 ノリシロ

デジタル大辞泉の解説

のり‐しろ【×糊代】

紙などをはりあわせるとき、のりをつける部分。
人や組織が柔軟に融通を利かせることのできる範囲のたとえ。遊び。ゆとり。「糊代が広い」「住宅ローン返済に糊代のある資金計画を立てる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のりしろ【糊代】

紙を貼り合わせるとき、糊をつけるために設ける部分。
組織や人間が持つべきであるとされる、余裕や遊びの部分のたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

糊代の関連キーワード起請継ぎたとえゆとり人間融通遊び部分余裕組織

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糊代の関連情報