糖質コルチコイド(読み)トウシツコルチコイド

精選版 日本国語大辞典「糖質コルチコイド」の解説

とうしつ‐コルチコイド タウシツ‥【糖質コルチコイド】

〘名〙 (コルチコイドcorticoid) 副腎皮質から分泌されるホルモンの一つ。糖の代謝に関与し、抗炎症作用と抗アレルギー作用がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版「糖質コルチコイド」の解説

糖質コルチコイド
トウシツコルチコイド
glucocorticoid

[別用語参照]グルココルチコイド

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の糖質コルチコイドの言及

【コルチゾン】より

…とくにコルチゾンは,1949年ヘンチP.S.Hench,ケンダルE.C.Kendallらによって,リウマチ関節炎患者に対する劇的効果が報告され,内分泌研究・治療のうえで歴史的に有名になったホルモンである。ともに糖質コルチコイドに属し,主として抗炎症作用が広範囲に利用される。そのため,共存する塩貯留作用(鉱質コルチコイド作用)をできるだけ抑え,かつ抗炎症作用をさらに増強することが要求され,多種類の合成副腎皮質ホルモンの研究が進められた。…

【副腎皮質ホルモン】より

…副腎皮質から生成・分泌されるステロイドホルモンの総称で,同じ作用をもつ合成物質を含めてコルチコイドcorticoidまたはコルチコステロイドcorticosteroidともいう。副腎皮質ホルモンには,糖質コルチコイド(グルココルチコイドglucocorticoid)であるコルチゾール,コルチゾン,鉱質コルチコイド(ミネラルコルチコイドmineralocorticoid)であるアルドステロン,副腎性アンドロゲンであるデヒドロエピアンドロステロン,アンドロステンジオンなどがある。コルチゾール,コルチゾンは,肝臓におけるタンパク質からの糖新生を促進するほか,抗炎症・抗アレルギー作用などを示す。…

※「糖質コルチコイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android