糗石(読み)ハッタイイシ

精選版 日本国語大辞典の解説

はったい‐いし【糗石】

砂と鉄鉱とが結合してできた鉱物。黒色がかった茶色の丸いかたまり状をし、内部はからで、白色または青白い色の細かい粉がつまっている。内部の細粉が、はったいに似ているところから、俗にこの名で呼ばれる。こもちいし。いしだんご。かなつぼいし。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android