糟汁・滓汁(読み)かすじる

精選版 日本国語大辞典の解説

かす‐じる【糟汁・滓汁】

〘名〙
① (糟汁) 酒糟をすりまぜて作った汁もの。汁の実には野菜、塩鮭、塩ブリなどを用いる。体があたたまるので冬によく作る。《季・冬》
※風俗画報‐二五六号(1902)人事門「行商人も数限りなくあれば、〈略〉茲に図するはかす汁、饂飩(うんどん)屋、げんこつの三種なり」
② (滓汁) 上ずみをすくい取った残りの汁。〔字鏡集(1245)〕
③ (滓汁) 味噌汁の中へ豆腐殻をまぜたもの。卯の花汁。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android