饂飩(読み)ウドン

デジタル大辞泉の解説

う‐どん【××飩】

《「うんどん」の音変化》小麦粉に少量の塩を加え、水でこね、薄く延ばして細く切ったものをゆでた食品。奈良時代に唐から伝えられたという。切り麦。

うん‐どん【××飩】

うどん(饂飩)」に同じ。
「―か、ぬるむぎ、あつむぎ、ひやむぎ、きりむぎ、まんぢゅうでもなかったか」〈虎明狂・文蔵

ワンタン【饂飩/雲呑】

《〈中国語〉》中国料理点心の一。小麦粉をこねてつくった薄皮で、味付けした豚のひき肉・刻みネギなどを包んだもの。ゆでてからスープに入れて食する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うどん【饂飩】

小麦粉を塩水で練って薄くのばし、細長く切ったものをゆでた食品。切り麦。うんどん。 〔奈良時代に唐から伝わった「餛飩こんとん」を温かくして食べた「うんとん」に由来するという〕

うんどん【饂飩】

うどん(饂飩)」に同じ。 「茶屋へよりて、打置の-いそがせ/浮世草子・諸艶大鑑 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

饂飩の関連情報