饂飩(読み)ウドン

  • ×饂×飩
  • うんどん
  • ワンタン
  • 饂飩/雲呑

デジタル大辞泉の解説

《「うんどん」の音変化》小麦粉に少量のを加え、水でこね、薄く延ばして細く切ったものをゆでた食品奈良時代から伝えられたという。切り麦。
うどん(饂飩)」に同じ。
「―か、ぬるむぎ、あつむぎ、ひやむぎ、きりむぎ、まんぢゅうでもなかったか」〈虎明狂・文蔵
《〈中国語〉》中国料理点心の一。小麦粉をこねてつくった薄皮で、味付けしたひき肉・刻みネギなどを包んだもの。ゆでてからスープに入れて食する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

小麦粉を塩水で練って薄くのばし、細長く切ったものをゆでた食品。切り麦。うんどん。 奈良時代に唐から伝わった餛飩こんとんを温かくして食べたうんとんに由来するという
うどん(饂飩)に同じ。 茶屋へよりて、打置の-いそがせ/浮世草子・諸艶大鑑 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「うんどん(温飩)」の変化した語か) 小麦粉に少量の塩と水を加えてこね、薄く伸ばして細く切ったもの。茹でて汁に付けたり、汁と共に煮たりして食べる。うんどん。きりむぎ。
※親元日記‐寛正六年(1465)一二月二五日「御供衆点心 うとん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

饂飩の関連情報