コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

字鏡集 じきょうしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

字鏡集
じきょうしゅう

菅原為長の撰によると伝えられる漢和字書。7巻本と 20巻本がある。成立年代未詳。寛元3 (1245) 年以前とされる。『和玉篇 (わごくへん) 』に先立つものとして位置づけられる部首引きの字書で,部首は意義分類によって配列され,音訓が記されている。意義分類は『色葉字類抄』によったとみられる。異体字や訓の豊富であるのが特色である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じきょうしゅう〔ジキヤウシフ〕【字鏡集】

鎌倉前期の漢和字書。7巻または20巻。菅原為長著という。成立年未詳。漢字を偏旁(へんぼう)で分類し、さらに偏旁を字義により分類した字形引きの字書。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

字鏡集【じきょうしゅう】

鎌倉時代の漢和辞書。龍谷大学蔵本・寛元本など7巻本系のものと,応永本・白河本など20巻本系のものとがある。著者は,応永本の書入れから菅原為長とされ,成立は,寛元本末尾の識語奥書)から1245年以前と見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じきょうしゅう【字鏡集】

字書。菅原為長撰という。鎌倉初期の成立。七巻、または二〇巻。一九二部首を意義によって一四の部門に分け、各漢字に韻目や義釈を注し、片仮名で音訓を記す。「字鏡鈔(抄)」はこの祖本。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

字鏡集
じきょうしゅう

平安、鎌倉両時代にわたって完成された漢字辞典。著者は菅原為長(すがわらのためなが)で1245年(寛元3)の写本が現存する。この七巻本のほかに二十巻本(1416年の写本)もある。漢字をいろは順に配列した橘忠兼(たちばなのただかね)編『色葉(いろは)字類抄』3巻(1145ころ)に倣い、いろは別をさらに天地人に分類し、片仮名で和訓を付し、当時編成の辞典中もっとも解釈が豊富である。いろは順と和訓は、これに続く漢字辞典の『平他(ひょうた)字類抄』や『和玉篇(わごくへん)』などに大きい影響を与えた。[彌吉光長]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

字鏡集の関連キーワード鎌倉時代片仮名祖本声点反切訓読

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android