糟糠の妻は堂より下さず(読み)そうこうのつまはどうよりくださず

ことわざを知る辞典「糟糠の妻は堂より下さず」の解説

糟糠の妻は堂より下さず

貧しい時から苦労をともにしてきた妻は、立身出世した後も家から追い出してはならない。

[解説] 中国、後漢光武帝が、寡婦となった、湖陽公主を、人格風采ともに人にすぐれた大司馬宋弘にめあわせようとして、宋弘に「人は身分が高くなれば交際相手を替え、富めば妻を替えるのが普通だが」と妻を替えるようほのめかしたときに宋弘の答えたことば。「」は、おもて座敷、家。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「糟糠の妻は堂より下さず」の解説

糟糠そうこうつまどうよりくださず

《「後漢書」宋弘伝から》貧しいときから苦労をともにしてきた妻を、富貴になってからも大事にして見捨てない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android