糟糠の妻は堂より下さず(読み)ソウコウノツマハドウヨリクダサズ

デジタル大辞泉の解説

糟糠(そうこう)の妻は堂より下(くだ)さず

《「後漢書」宋弘伝から》貧しいときから苦労をともにしてきた妻を、富貴になってからも大事にして見捨てない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうこうのつまはどうよりくださず【糟糠の妻は堂より下さず】

〔「後漢書宋弘伝」から〕
貧しい頃から苦労を共にしてきた妻は、立身出世ののちも離縁するわけにはいかない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android